• kouseihogowith

お金を貯めて退所したが、声かけしたいその後に

今日、ひとりの男性が多くの職員に見送られ、

両手に荷物をもって退所しました。

現場作業服姿の59歳。

私たちのもとに4か月いて、朝早くから夜遅くまで働いて

貯めたお金が20万円余り。

国の食費支援がもう少しの間、あったらー。

でもそれを乗り越えて彼は、がんばりました。

明日からの仕事は今、働いている職場です。

「またコーヒ飲みに寄れや」

笑って玄関を出ていきました。

2~3日したら「どうしてる?」、電話で声かけがいるなあ

そんな思いで見送りました。

彼の姿が道の向こうに小さくなって、

ようがんばったな!そんなことばを添え、わずかでも

「ご褒美」=奨励金を手渡してやれば、よかった。そして、

退所するときの笑顔をその後も見たい。

本人が拒まないなら、緩やかにかかわって

地域に融け込むように支援したい。

そう心に思いながら、遠ざかる彼を見送りました。

                (山田 勘一)

210回の閲覧

© 2018 by With-Hiroshima. All rights reserved.